レパートリーを持とう!

今日はレパートリーについてです。

先週のレッスンでのこと。中学生の生徒さんに、少し前に合格した曲を教室の楽譜を使い、途中まで弾いてもらいました。多少間違えたり戸惑ったりしていましたが、まあまあ弾く事が出来たので、「あぁ、まだ出来ているね。」と、すると、生徒さんが、「うん、だってちょっと見れば出来るよ~。」そこで、「そうそう、それがピアノのレパートリーになるんだよ。今度は最後まで弾いてもらおう」と言ったら「えぇぇぇ、レパートリーって、いらないよ。だってピアニストになるんじゃないもん!」と返ってきました。おっとっと、違いますよ。プロのピアニストにならなくても、ピアノが弾ければ立派なピアニスト。プロ、アマ問わず、ピアニストと言えます。つまり、ピアノのレパートリーを持っていると、何かの時に「何か弾いて」と言われた時に、誰かに聞かせる事も出来るのです。「えぇぇぇぇ、そんな人の前でなんか弾かないよ。恥ずかしいよ。」と、返ってきそうですね。いえいえ、例えば、親戚の人がお家に遊びに来たりなど、何も大勢の人の前とか、公の場でなくても、ちょっと聞かせる、という事があるかもしれません。どんな小さな場面でもちょっとピアノを。。。となるかもしれません。なので、少し大きくなった生徒さんには、レパートリーを持ってもらうようにしていきたいと思っています。皆さん、レパートリー、堅苦しく考えずに持ちましょう!

日野市南平の加藤ピアノ教室

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です