忙しさの中でのピアノレッスン

前回の投稿からやや時間が経ちましたが、予告通り、進学や進級などで忙しくなってもピアノのレッスンは続けられる、ということについて書きます。

ではどういうことかと言いますと、まず、例え週に一度でもピアノに触れているのと触れていないのとでは全く違う、ということです。練習が出来ていなくても、テクニック的なことは、レッスン室でバッチリ行い、指の動きをキープします。そして、新しいところを譜読みする、ということは読譜の訓練にもなります。そして、更に表現力や、楽譜の構造などを見る、音やリズムだけではない読譜、様々な音の出し方など、ピアノのレッスン室で学ぶことは山のようにあります。

そして、多忙な時は、時間が出来た時に練習をしよう、という心構えがあればそれで充分です。

諦めずに、多忙な時こそピアノレッスンに通いましょう。そうすれば、指の動きのキープだけではなく、内容面でも違ってきます。

また、少しずつでも弾ける曲が増えますし、視点を変えて、以前に弾いた曲を更に深堀して、以前とは違った、成長した演奏に仕上げていき、レパートリーにするのも面白いです。

ピアノは奥深いですが、重く考えずに自分の財産にしましょう。

日野市南平の加藤ピアノ教室

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です