ピアノの教則本

ピアノの教則本というと、昔はすぐにバイエルを思い起こしました。うぅぅぅぅぅん、確かに、昔の子は皆バイエル。私もバイエル世代です。子供のバイエルがあったにもかかわらず、何故か幼稚園児なのに大人用の細かい譜面のバイエルでした。ただ単に母が間違えて購入しただけですが。(笑)しかし、それが今思うとかえって良かったのか、細かい音符の楽譜に抵抗を感じたことはありませんでした。話がちょっとそれましたが、このバイエル。皆さんご存知の方も多いと思いますが、元々子供用に書かれた楽譜ではなく、しかも古いので、本場ヨーロッパやアメリカ、そして日本でもあまり使われていないようです。実際、私もほとんど使っていません。しかし、よくよく見直すと、それなりに良く出来ている教本です。単純ですが、その中に美しいメロディーの曲もありますし。これは少し見直さないといけないかも。と、最近思います。バイエルを使う、使わないという話でなく、必要な所は拾い出すなどして古いものを見直そうかな、と思っている近頃です。

日野市南平の加藤ピアノ教室

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です