講師紹介

加藤 久美子

国立音楽大学ピアノ科卒業 中学校教諭一級普通免許状、高等学校教諭二級普通免許状 取得
2台ピアノジョイントコンサート出演 東京シティフィルとピアノ協奏曲共演 日フィルなどオーケストラのメンバーと室内楽共演複数回

生徒さんの中には国立音大他、複数の音楽大学に合格者多数

ピアノ歴

4歳2ヵ月の頃より近所のピアノ教室に通い始め、自宅ではオルガンで練習。その後、何故かトントンと進み、一年弱で中古のアップライトピアノが家に来ました。

小学生の時はそろばん塾にも通っていました。そろばんの指を動かすのが速かったのはピアノのお陰かもしれません。その後、公立中学校に通い、高校は近くの芸術系受験対策のある受験校に進学。小学生の頃、高校生の頃と、何度もピアノを止めようと思いました。(詳しくはブログにあります。)

そして、受験は一本、滑り止め無し、落ちたら浪人無し、ということで音大受験。親の考えでは、浪人してまで音大に行く必要ないけれど、折角やってきた道だから行け~、だったのです。

卒業後、いくつかのコンサート出演や、声楽の伴奏などをしました。 その後留学の話もありましたが、しばらくの間は、家の事情で家業を手伝いながら希望者のみ指導していました。家業の手伝いが原因で、腕を痛めてしまったので、ステージからは遠ざかりましたが、ピアノの勉強は続けています。今では、何度も迷いながらも音楽の道に進んだ私を支えてくれた両親に感謝しています。

教室の基本方針

当教室では、個人個人に合わせた丁寧なレッスンを行っています。お子さんから大人の方まで、初心者の方には基礎から丁寧に指導致します。合唱祭で活躍する生徒さんも大勢います。

以前、小学校中学年から当教室に通い家に楽器が無かったのですが、中学校で二年間伴奏者として活躍した生徒さんもいらっしゃいました。また、コンクール目的だけのレッスンは行っていません。プロの演奏家を目指すのであれば、コンクールは一つの「ブランド」となるので必要です。しかし、中にはコンクール入賞していなくても活躍しているピアニストの方もいらっしゃいます。

コンクールを生徒さんのモチベーションとして利用されている先生方は大勢いらっしゃいます。一方で、コンクール出演でのマイナス面の話も多くあります。私はコンクールを頭から否定するつもりではありませんが、プロの演奏家を目指すのでなければ、あえてピアノで競争するのではなく、ピアノを通して一生音楽のある生活が送れるように、そして息長く表現力のある演奏が出来るようになってほしいと思います。

音楽、そしてピアノ演奏は奥深く、「これで終わり」がありません。小さな一つの曲でも、時が経つとまた違った感じ方、表現の仕方が生まれてきます。プロを目指す必要はないですが、「昔、あるいは子供の頃はもっと弾けたけれど」とならないように、息長く生涯続けられるような習い事、あるいはお稽古としてピアノを位置づけてください。音楽は不要ではなく癒しになります。勿論、音楽専門の道に進みたいとなった時には、対応致しますのでご相談下さい。