手が小さくてもピアノは大丈夫

ジメジメとした日が続いていますね。そして、更に東京では再度の緊急事態宣言。うっとおしい日々が続きそうです。ここ、日野市でもボチボチと一般の人向けのワクチン接種が始まっています。と言ってもまだまだ時間がかかりそうですが。皆さんも感染対策をしっかりして気を付けましょう。

さて、今日は手が小さくてもピアノは大丈夫、というお話です。そりゃあ、手が大きい方が有利ですが、小さくても世界的に大活躍されたピアニストの方もいらっしゃいます。立派に手が小さいと有名で、立派にピアニストとして活躍されました。(笑) 手が小さかったら、無理をして手が大きい人の方が断然有利な曲に挑む必要ないんです。でも、どうしても挑みたい、というのであれば、ちょっと工夫して、和声や作曲者の意図した音を無視しない程度にアレンジしてしまう、という方法もあります。奥の手、というヤツですね。なので、手が小さいからピアノには向いていない、などとは思わないで下さいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です