グリッサンドに初挑戦

こんにちわ。これからは毎日ジメジメとした嫌な時期ですね。

ところで、先日、小学生の生徒さんがレッスンの中で、初のグリッサンドが出てきました。それも、上りと下り、かなり長いグリッサンドです。グリッサンドというのは、鍵盤の上を滑らせて音を出す奏法です。この生徒さん、グリッサンドと検索をしたら「血が出る」とか「痛い」とか「血だらけ」と出てきた~と言ってました。どうしよう、どうしようってね。(笑)いやいやいや、グリッサンドの度に血が出ていたら、ピアニストは血だらけになっちゃいますよ。一音だけでなく、二音をグリッサンドで弾く場合もあるのですから。例えば、ドとミの音を同時にそのまま滑らせてグリッサンド、とかね。ということで、血なんか出ないよ~、と笑い飛ばし、お手本を示し、彼女の手を持ち、ちょっとしたコツを教えました。最初はえ、え、え~、と言っていたのですが、しまいには、あっほんとだ、血が出ない、と言っていました。さあ、これで出来るね。グリッサンド、見た目もちょっと華やかなので、ぜひ痛いとおもわずに習得してください。出来たら、ちょっとカッコいいですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です